現在の閲覧者数: FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログへ アフィリエイト・SEO対策 カウンター

ポストロック・デイズ/post rock days

一般的にポストロックと呼ばれている音楽を中心に 音響・テクノイズ・エレクトロニカ・アンビエント・ミニマル・フリーフォーク・アシッドフォーク・サイケ・アヴァンギャルド・民族音楽などを紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Art Blakey & the Jazz Messengers/A Night in Tunisia

今回は、ジャズですw ポストロックと言うか非ロックがよく出てきますねw。

Art Blakey & the Jazz Messengers/A Night in Tunisia

ART BLAKEY, drums
LEE MORGAN, trumpet;
WAYNE SHORTER, tenor sax:
BOBBY TIMMONS, piano;
JYMIE MERRITT, bass


 このアルバムに収録されているA Night in Tunisiaチュニジアの夜はやたらと激しい演奏です。アートブレイキーの静かに後援するような叩き方では決して無く、まるで脅しているようにわめく重いドラムに圧倒されます。50年代から60年代の始まりで、バップジャズ自体も相当成熟していた時期だったのでしょう。有名な曲だから様々なジャズメンが演奏していますが、この激しい感じはこの録音でしか聞けないと思います。ブレイキーの演奏は、私のようにロック/ポップスからジャズを聞き出した人には非常に聴きやすいかなと思います。前述した畳み掛けるような激しさはロックにも通じると思うからです。フリージャズやロックへ向かう時代。ハード・バップもロック的になったのかな、なんてね。この曲、ブレイキーのバンドでずっと演奏され続けているみたいですね。youtubeで動画がたくさんありました。


■Art Blakey's Jaz Messengers Tokyo 1961 "Night in tunisia"


 マラカスがかわいいw てかショーターもなんかサックス吹かずにパーカッション。Youtubeの音質だからCDでの荒々しい音は伝わり辛いかも知れないけど、その高速化したバップジャズはわかるはず。エンディング、しつこい、演奏も濃くてコテコテ。これがハードバップジャズなんでしょうね。カッコイイなぁ。









スポンサーサイト

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

  1. 2009/01/29(木) 02:46:01|
  2. .▼ジャズ Art Blakey & the Jazz Messengers
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。