現在の閲覧者数: FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログへ アフィリエイト・SEO対策 カウンター

ポストロック・デイズ/post rock days

一般的にポストロックと呼ばれている音楽を中心に 音響・テクノイズ・エレクトロニカ・アンビエント・ミニマル・フリーフォーク・アシッドフォーク・サイケ・アヴァンギャルド・民族音楽などを紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Bruford & Borstlap/In Concert In Holland(2004)

 Bill Bruford(ビル・ブルッフォード)。英国出身のドラマー。YES、King Crimson、Genesis等、多くのバンドに参加しながら、自身のバンドEarth WorksやBrufordなどの数多くの作品を残しています。個人的にすごく好きなドラマーです。スネアドラムのチューニングの高いようなスコーンと抜けの良い音が好きですし、ちょっと捻くれた変拍子フレーズも気持ちよくて癖になってしまいました。

 今年の1月1日、ライブ活動引退宣言をしました。かなり、残念です。実は生で聞いたことがありません。Earth Worksの来日に気付いていれば行けた可も知れないのに…。

 上に書いたようにビルのキャリアは長いです。何を紹介したらいいのか、ほんのちょっと悩んだところ、なるたけ最近のにしました。

 
●Bill Bruford - Michiel Borstlap - Game of Chess


Bruford&Borstlap/In Concert In Holland

 このアルバムは、ピアニストのMichel・Borstlap(ミケル・ボルストラップ)との、デュオ・プロジェクトで、作曲と即興(インプロヴィゼーション)という二面性を併せ持ったものだそうです。かなりの緊張感がある良いアルバムですね。ちなみにこのアルバムDVD+CDとなっていて映像が見れるのとDVDだから音が良いのでお勧めです。上の映像はそのDVDの2トラック目です。Yotubeだと音が悪いなぁ…。

 このデュオでは去年(2008年)『IN TWO MINDS』という第二弾がでました。'06年/'07年欧州ツアーから、Norwayと英国でのLiveを収録したそうです。そっちも気になりますね

 ボルストラップはシンセの持続音をバックに流した上にピアノを弾き、そこにビルのドラミングが被さるので、デュオといえどそんなに隙間が多い演奏ではありません。どちらかというと澄んだ空気感がありながら、だんだんと白熱していき、鋭くてカッコイイです。






スポンサーサイト

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

  1. 2009/03/07(土) 21:28:27|
  2. .▼プログレッシブロック Bruford & Borstlap
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。