現在の閲覧者数: FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログへ アフィリエイト・SEO対策 カウンター

ポストロック・デイズ/post rock days

一般的にポストロックと呼ばれている音楽を中心に 音響・テクノイズ・エレクトロニカ・アンビエント・ミニマル・フリーフォーク・アシッドフォーク・サイケ・アヴァンギャルド・民族音楽などを紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Girls/Album(2009)



 Snoozer誌で、2009年度のベストアルバム一位だったのを見てミーハーだけど聞いてみようと思ったのがきっかけでした。サンフランシスコ出身、男子二人組なのにGirlslつてバンド名ですね。ネットで検索してもすぐに引っかからない(笑)探すのにほんの少しだけ苦労しました。

  聴いてみたところ、とても脱力するようなギターリフに、投げやりっぽいヴォーカルがかぶさり、ローファイ度が高いなぁと感じました。曲によっては、シューゲイザーっぽいT-10の「Morning Light」とか最近っぽいトコもあります。

 さらに調べていくうちに、バンドの妙なバックグラウンドの話が出てきていました。幼少の頃、ヒッピーの両親のもとチルドレンオブゴッドなるカルト教団で育ったとか。なんだか、フリーセックスとかの性的な儀式を行っていた怪しい集団だそうで…。そういえば、PV「Lust For Life」も怪しげですね。明らかにそれとわかるゲイのカップルに、ヴァージンっぽい女の子達が戯れてる。刹那的で無邪気な子供達…。
 演奏の拙さからはまるで、10代のティーンエイジャーのような幼稚さを感じます。この投げやりな感情はどこに行くか定まらないあの感じを表現しているのかもしれません。歌詞もそうです。


Oh I Wish I Had A Boyfriend
I Wish I Had A Loving Man In My Life
I Wish I Had A Father
And Maybe Then I Woulda Turned Out Right
But Now Im Just Crazy Im Totally Mad
Yeah Im Just Crazy Im Fu@#ed In The Head
And Maybe If I Really Tried With All Of My Heart
Then I Could Make A Brand New Start In Love With You


「ああ、彼氏がいたらいいのに
ずっと私を愛してくれるような彼氏がいたら
パパもいたら、きっと全部うまくいってたのに
でも私はバカで、怒って、おかしくなっちゃって、もうめちゃく
ちゃ! だけど本気で頑張ってみたら、素敵な日がくるのかな
あなたが好きよ、大好き、って思える日が多分くるの」


「Lust For Life」の冒頭でこのように歌っていますが、彼らがゲイなのか?という問いかけには疑問を感じずにはいられません。男なのに女の振りをしてみたり、ゲイでもないのに彼らの心を歌ってみたり、と自由な無軌道感覚に満ちているようです。そして、あまりしっかりとはしていないナイーヴさが垣間見えます。この繊細さが、これだけ危うい美しさとなって曲に表れているのでしょうか。聴いていて、むず痒いような、何もかも投げ打って浸ってしまいそうな心地よさを感じます。

http://www.myspace.com/girls






Bookmark and Share


スポンサーサイト

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

  1. 2010/03/03(水) 00:31:01|
  2. .▼オルタナティヴ Girls
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。