現在の閲覧者数: FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログへ アフィリエイト・SEO対策 カウンター

ポストロック・デイズ/post rock days

一般的にポストロックと呼ばれている音楽を中心に 音響・テクノイズ・エレクトロニカ・アンビエント・ミニマル・フリーフォーク・アシッドフォーク・サイケ・アヴァンギャルド・民族音楽などを紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Four Tet Japan Tour 2010

SBCA6063サイズ変更


2010.12.3 FRI

eleven and root & branch presents Four Tet Japan Tour 2010

Live:
Four Tet
O.N.O a.k.a MachineLive
Inner Science

DJ:
Crystal(Traks Boys)
Gonno(WC/Merkur Schallplatten)

-The Secret Marquee- Lounge
Guest DJ:
Calm(Music Conception)

DJ:
Acts Hopkins
Kominato(muzoka)
Mr.Peaktime
Might-Z∞


 まだ耳が遠い。大音量で22時から6時頃まで音楽を聴き続けたからだ。前売りチケットが無いときいたので、入れないと嫌だなと思って早めにいく。OPENの10分前に到着。人はまばらだったので安堵。テーブルと椅子があるB1のフロアのみ開いていた。そこでワンドリンクを注文して、広いB2フロアのオープンを待つ。常連とおぼしき外人、独りで来たような男性や女性。黙っている人、談笑している人。バーは先日のUnitに似ていた。値段も。

 B2のフロアが開く。降りる階段の途中にソファーがある。下にもバーがあって、椅子、テーブル、ソファがある。真っ暗なフロアは人がまだ少なて熱気もあまり無かった。踊っている人も居たがまばら。ちょっと参加する。0時を過ぎる頃になって人が増えていく。入り口へ行ったらエントランスでは行列ができていた。
 フロアではミラーボール、スモーク、スポットライトが入りみだる。でも、どちらかと言えば照明はとても暗い。周りの人を認識する為にはスポットライトにあたって貰うしかない。壁に寄りかかりながら聴いていたけど、踊りたくなって中央の方へ。段々と曲調がドラムンベースっぽくなってBPMは激しく。アナウンスっぽい声が入り、昔描かれてた近未来の宇宙旅行みたいな雰囲気になる。

 気持ちがよかった。野田努の『ブラックマシンミュージック』に出てくる黒人の宇宙観って音の感じが少しだけ分かった気がした。まあDJは日本人だけど。最初のDJが午前1時少し前までプレイし終わると、前後にブースがあるらしく、突如後方から音が鳴り響く。アンビエントの上に激しいロックみたいなドラムソロっぽいサウンが乗るそして踊れる感じの4つ打ちへ。この人がInner Scienceかな。
 
 彼女のあと午前2時前だろうか間髪入れずにFourTet登場。微音のミニマルからangel echoesが始まる。そのままlove cryへ、クラブアレンジと言えば良いのか、リズムパートは引き延ばされ低音部分が強調されていて、踊れるサウンドになっていた。人が多かったので踊りづらかったけど。曲も大体同じだが細かいフレーズが違っている。すべてmixされていて一つながりになっている。流れはアルバム『there is love in you』だけど途中にA Joyなど昔の曲がが挿入されていた。あと気付いたのはSpirit Fingers(『Rounds』)が含まれていた。angel echoesが再びかかるんだけどその時は皆踊りをやめてゆらゆらと動いていた。この瞬間は本当に気持ちよくて曲がとても美しく感じたな。最後の曲はRinger(『Ringer EP』)。一時間と少しだったと思う。

 そこからはさらに深く深く潜っていく。フラッシュライトやミラーの光と激しいサウンドのなか踊ると、脳が何も考えなくなるっていうか、恐ろしい状態になって踊り続けた。高速で動き続けるダンスを披露する外人。彼女を持ち上げる男性。体をくねらせながら寄り添い合う男女。そこから1時間、2時間経つにつれ、皆の酔いが回っているのかどんどん活気づく。バー周りは人だかりで埋め尽くされ頑張らないと身動きが取れない。そこかしこに酔いつぶれた客がいてスタッフが声をかけていた。中には(上着は脱いでたけど)スーツ姿の人もちらほら。スタッフの中に巨漢の黒人さんがいて少し驚く。威圧感あるな。前回行った代官山Unitよりも快楽的と言えば良いのか、はっちゃけてるって感じか。


FourTetの記事→  http://postrockdays.blog105.fc2.com/blog-entry-143.html
           http://postrockdays.blog105.fc2.com/blog-category-98.html


Bookmark and Share



スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

  1. 2010/12/05(日) 05:02:02|
  2. .▼ライブレポート FourTet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。