現在の閲覧者数: FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログへ アフィリエイト・SEO対策 カウンター

ポストロック・デイズ/post rock days

一般的にポストロックと呼ばれている音楽を中心に 音響・テクノイズ・エレクトロニカ・アンビエント・ミニマル・フリーフォーク・アシッドフォーク・サイケ・アヴァンギャルド・民族音楽などを紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

都内ノ書店ニテヒッピーヲ観タルコト

tYSG5_616866_m.jpg

Devendra Banhart http://www.myspace.com/devendrabanhart

ある日新宿の書店で、腰までの長い髪にバンダナ、ブーツカットのジーパン、サイケな柄シャツ、手にはギターという出で立ちの男性を見かけました。ヒッピーかコスプレの人です、きっと。リアルタイムでヒッピー文化を体験しなかった私でも「あ~ヒッピ~がいるわ・・」と納得させてしまうぐらい彼はヒッピーでありました。薬もやっているに違いありません(個人的希望)ヒッピーのキャラクター性はしっかりと後世に受け継がれているようです。確かに新宿の様なハイソさと猥雑さが入り交じった街にはヒッピーが似合います。高円寺、吉祥寺、下北沢、中央線沿線などのサブカル臭が強い街にも生息していそうです。農村地帯に住むヒッピーはどら息子としか認知されないでしょう(自然回帰しているのに・・)彼を見て時代錯誤の粋な奴・・・なんて思いましたが、調べてみると90年代前半から現在まで新しいヒッピー文化が形成されているとのこと。あなたの息子がヒッピーに!なんてこともありえる、そんな2008年の日本。


そしてデヴェンドラ・バンハートも第二世代。81年生まれ、若い!暑苦しい長髪とヒゲは完全に私のなかのヒッピーのイメージそのもの。彼の音楽を聞くとビートルズが一世を風靡し、若者たちがラブ&ピースを叫んでいた時代がありありと浮かんでくるのは何故でしょうか?タイムマシンに乗ってやってきたのでしょうか。宗教とか魔術とか神秘主義とか・・なんだかうさんくさくて妖しげな要素てんこもり。アシッド(LSD)フォークとか言うんでしょうか?シンプルなんだけどその先に深い精神性を感じた・・。恐らく東洋思想的ななにかです。ジャケットのイラストも完全にイッちゃっるしw一つ一つ魔法をかけるように描かれてます。

好き勝手書きましたが彼からヒッピー気質を多々感じたってだけなんですがね。ヒッピーじゃないです。でも動物とお話できそう。

Devendra Banhart - Cripple Crow





スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

  1. 2008/10/22(水) 02:37:41|
  2. .▼フリーフォーク Devendra Banhart
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。