現在の閲覧者数: FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログへ アフィリエイト・SEO対策 カウンター

ポストロック・デイズ/post rock days

一般的にポストロックと呼ばれている音楽を中心に 音響・テクノイズ・エレクトロニカ・アンビエント・ミニマル・フリーフォーク・アシッドフォーク・サイケ・アヴァンギャルド・民族音楽などを紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ニカ的ギター・インスト集。(日本)

   
               V.A./versionguitar

VG



 日本人アーティストによる、ギターをメインに使った楽曲集(v.a.)だそうです。ちょっとは知っている人もいますが、正直あまり聞き覚えのないアーティストたちです。新進気鋭なのでしょうか?
 淡々とした、穏やかな協和音と時折、不協和のような不思議な感じの音が出ますが始終、ゆったりと遊牧民のような解放感とチル・アウトの感を抱かせます。ギタリストの集まりらしいですが、エクスペリメンタル/エレクトロニカっぽいです。

 Commune Discなるレーベル名のようですが、コミューンといえばヒッピーコミューンでwそんな、自由な本アルバムに集った人たちだからこうなったのでしょうか。
以下、楽曲解説。変な擬音用語が多数w


01. koutaro fukui / oct_rain
  わおーん、のドローン渦の中アコースティック・ギターが時代劇みたいなフレーズを単音で奏でる。 だんだん、CDの音飛びのようなノイズ(グリッチノイズ)のビートが出てきた。それに単音のJAZZギ  ターっぽい音が、短い音の長さで左右から聞こえる(ポーン、ポーン、ポーンてかんじ)。お、ギターが アルペジオしだした。また、マイナー調の時代劇フレーズ、剣豪登場(ウソ)。で和音がジャラーンで おしまい。

02. comcom / +-
  切り貼りされたギター音がすぐに、タタタタ・タタというリズムになってギターフレーズやら、ピコピコ 目覚まし系電子音が上にかぶさる。ギターオンリーの独奏になって突然終わる

03. tetuzi akiyama / enha4 #14
  ギターのチューニングのようなイントロ。ん?いやプリペアード・ギターかな。ごそごそ物音がする。 鞄の中身をまさぐる音をマイク録音したような感じ。ペグをまわして音程をいじりながら、だんだん激  しいビートになって来るギター。あるいみハードロックみたいな。ぐじゃぐじゃのブラック・サバスのリフ に聴こえた。

04. arp songs / #1
  みんみんみんみん、いうドローン音。「(広大な他惑星の大地を見て)私たちはどこへ来てしまった の!ここは別世界なのよ!」ってかんじ。タイトルのarpがape(尾の短いサル)に見えたからそんな連 想をしたのか?Planet of the Apes…。

05. kanichiro oda / verynice, verynice, verynice
  ひゅおいーん。明るめ?の左右をぐるぐる回る音の中、ギターフレーズが宙を舞う。
 後半は羽音のような音とエレクトロニクスが逆回転する。うしろで、ぺんぺんとやる気のないギターが 鳴る。左右panの羽音で終了。

06. mills / day
  幽霊の声!?怖いっす。でも、だんだん和音かき鳴らしギターと、高周波っぽいノイズと鈴虫系ノイ ズ。これはあれだ、夏の定番である「きもだめし」の曲である。人魂が!あれ、二分半ぐらいで終焉。 悪霊退散だ。

07. corona / way home
  音質の低いぴこぴこ音とグリッチ音をバックに、まっとうなギターのフォークっぽい演奏が展開。あ、 フィドル(かバイオリン)が入ってきた。いいねぇ。

08. mondii / see/saw
  低温な持続音(ドローン)。マイナスの世界かな。ほわーんとした和音(音程は低い)が展開するな か、金属っぽい低温音(きぃぃぃぃぃぃん)はずっと続いている。五分続く

09. kirimonokosolo / rice powers
  チューニングのおかしいギター。弦がゆるゆるなのか、フレットに擦る音がする。低い音もする。ゆ  るゆる~。なにを弾いてるんだか~なフリーインプロ。

10. akeybo + miyako / up side down
  エレクトロのほんとに静かで小さな音の中。ピアノとギターが絡む。ちょっとだけ不穏な空気からは じまるが次第に光へw。結構ギターソロが良い感じ。ギターフレーズはどこかの民族を思い出させま す。まぁインチキの可能性が高い気がする。でも素敵なフレーズだよ。

11. naoyuki arashi / live recordings by blind guitar, july 2003
  ぶちぶち音のなかに細切れされたような音と、グリッチノイズが、早いBPMで展開します。終盤は  静かなグリッチノイズ

12. curtain of cards / tender
  左右にPanしているプチプチノイズ(サインウェーブ?)の一定ビートの中。エレクトリックギターで   作ったような和音が後方で奏でられる始まり。何か(紙?)を擦っているような音とグリッチの中間部 を経て、再びイントロのような感じになる。最後は鐘の音をピアノで連打したような音が空間に溶け込 む(フェードアウト)。

13. askococo clouds of 4:30 a.m.
  おおーん。っていうほわほわ系金属ドローンノイズのかなたで、丸い感じの音とぶちぶちノイズが  小さく聞こえる。だんだんシンセ・ストリングスのうねうね音がしてフェードアウト。

14. veno tagashi two things always happen simultaneously #2
  あ、いきなりギター二重奏だ。フリーインプロっぽいのかな。なんだか印象派っぽく弦のタッチや単 音が表象的に折り重なった曲。

total:56'08"

  ああ、全曲解説は長いですね~(-_-)zz

http://ontonson.com/index.php?main_page=product_music_info&products_id=544


レーベルのMYSPACE 
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendID=1001015348


スポンサーサイト

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

  1. 2008/11/04(火) 00:23:18|
  2. .▼エレクトロニカ V.A./versionguitar
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。