現在の閲覧者数: FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログへ アフィリエイト・SEO対策 カウンター

ポストロック・デイズ/post rock days

一般的にポストロックと呼ばれている音楽を中心に 音響・テクノイズ・エレクトロニカ・アンビエント・ミニマル・フリーフォーク・アシッドフォーク・サイケ・アヴァンギャルド・民族音楽などを紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

そうだ、実家へ行こう。  SAKEROCK

SAKEROCK http://sakerock.com/


昔々まじめな一吹奏楽部員だった私はトロンボーン担当でした。当時スカバンドが部活内で流行っていたため、高校生らしくスカバンドのコピーなどをやっていました。kemuri とかね。あー懐かしい。そのころは兎にも角にもブリブリと音が割れてもいいから吹き散らかしていた、青い春です。メンバーもみんな俺の音を聞け!状態だったので風情などあったものではありません。これも、永遠に続くかと思われる裏打ち地獄と慢性主旋律不足がもたらした結果ではないでしょうか?なのでサケロックのようにトロンボーンが確固とした地位を持っているバンドを知ったときは嬉しいもの。

ゆる~いです。いま流行りのゆるさがトロンボーンの音色の魅力だったりします。グリッサンドで更に気の抜けた感じです。ちなみに男性の声質に一番近いのはトロンボーンの音だそうですよ。トロンボーン+バンド=SKAという考えだったのでサケロックの音を聞いて毒気が抜けたようでした。忘れかけていたジャパニーズ・スピリットを感じさせ、この上なく実家に居る感じがかもし出されます。お正月にコタツでみかんを食べて特番を見ながらごろごろする幸せなひと時が。スーダラ節もやってる当たり、心の隅っこにちゃんと日本人が共通して持っている部分に訴えかけてくるのかもしれませんね、きっと。おじいちゃんに会いたくなりました(会ってきました・・)スローライフ、ロハス、マイクロビオティック、サケロック、と同じ舞台で語られてもよいんじゃ・・・なんて。ゆるいなんていうといい加減なんだと勘違いしそうですが(安齋さんのように)、油断していると目頭が熱くなる切ないメロディーに気をつけましょう。トロンボーンの音イイ、沁みる。旋律おいしすぎです!やることはちゃんとやってる感じが憎いです(安齋さんのように)。

インストバンドということにこだわりを持っている彼等なのでほとんどインストですが、いくつかゲストボーカルを迎えた曲もあります。永積タカシとか参加してました。確か大人計画の音楽を担当していてメンバーのハマケンさんも役者と兼業していたはず。あの辺界隈の人は確かに好きそうです。おじいさん先生のサントラもやってましたね。タイトルとか詩の言葉遊びとか劇団という存在が身近にあるだけあって文芸の趣がありますし、ライブパフォーマンスもさぞ面白いことでしょう。サブカル臭がするのも納得しました。ゲーム「マザー」の名曲エイトメロディーズをカバーしているところがまた最高です。こういう日本人にしか分からないようなゆるい感覚がちゃんと後々まで受け継がれることを切に祈りつつ・・・こんな夜は酒とロック

SAKEROCK - ホニャララ






スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2008/11/11(火) 23:10:45|
  2. .▼インストゥルメンタル SAKEROCK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。