現在の閲覧者数: FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログへ アフィリエイト・SEO対策 カウンター

ポストロック・デイズ/post rock days

一般的にポストロックと呼ばれている音楽を中心に 音響・テクノイズ・エレクトロニカ・アンビエント・ミニマル・フリーフォーク・アシッドフォーク・サイケ・アヴァンギャルド・民族音楽などを紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

John Greaves/Chansons

john_greaves.jpg


John Greaves(ジョン・グリーヴスba,vo,pia)は、ヘンリーカウへの参加によってそのキャリアをスタートしたベーシスト、シンガー、ピアニスト、コンポーザー。先鋭的な音が交差しあうシーンの中で、ポップな歌を基軸において活動を続けてきた人です。ピアノやギターという身近な楽器と歌をメインに、複雑で変化に富んだ、ポップでちょっと奇妙な楽曲を長年にわたって続けています。

 このアルバムで、彼自身はベースとピアノの演奏と作曲に始終し、歌はElise Caron(エリーズ・キャロン)というフランスの歌手がとります。非常に歌のうまいというか、安定した聞きやすい声に感じます。競演したミュージシャンがクラシックやジャズ畑の人が多いせいなのか、歌だけでなく演奏技術もかなりのもので安心して聞けます。

 歌と、グリーヴスのピアノとDavid Venitucci(デヴィッド・ヴェニトゥッチ)なる人のアコーディオンの演奏が全編に渡り繰り広げられています。それに加えて、Robert Wyatt(ロバート・ワイアット)のパーカッション、Vincent Courtois(ヴィンセント・クルトワ)のチェロ、Louis Sclavis(ルイス・クラヴィス)のクラリネット&サキソフォンがところどころ加えられています。アンニュイなフランスの憂鬱のイメージで捉えられるような世界が展開しているように感じました。タイトルがCHANSONS…だけれども、音楽は今までのグリーヴスの音楽が展開、発展したものです。なのでその意味は、単にこのデカダンな雰囲気のことをCHANSONと命名したから……なのかもしれません。フランス語では歌の事をシャンソンというそうですから、グリーヴスの名アルバム『Songs』(1995)を仏語にした続編という位置づけなのでしょうか。

 アコーディオンが場の空気を吸う音、弦がフレットにぶつかる音、人の息遣い、そうした小さなノイズに心を奪われそうになります。誰かがテーブルにグラスを倒す音や、男女が出逢いに捧げるワイングラスのぶつかりあう音が聞こえてきそうです。目を閉じれば、歌のテクストを幾度となく反芻するような官能を帯びた熱帯夜の季節。微熱に支配されるがまま踊り続ける。…そんなデカダンなイメージかな。とっても良質なポップアルバムです。

試聴 →  http://www.hmv.co.jp/product/detail/1796661




スポンサーサイト

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

  1. 2009/04/02(木) 12:45:24|
  2. .▼プログレッシブロック John Greaves(ジョン・グリーヴス)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

John Greavesジョン・グリーヴス/Songsソングス

 ジョン・グリーヴスJohn Greaves(ba pia)とは、イギリスの前衛ロックバンド、ヘンリー・カウHENRY COWのメンバーだった人です。その後、ソロに転向してからのキャリアの中、作られてきた多くの曲からセレクトして再録音をしたのがこのアルバムです。

 Track1のオールド・キンダーフック(Old kinderhook)の示す、アコーディオンとウッドベースと軋みのノイズが奏でる不思議な場所から、静かなアコースティックギターとピアノのアルペジオ、そしてロバート・ワイアットの声が奏でられて、はじまる一曲目のザ・ソング(The song)。未だに夢を見続けるあの昔のこと。少年だったころに感じた歌に対する切実な思いが淡々と語られます。

Life is a dream we are phantoms.
Man is the union of Divinity and Dust.
All summer long,
When we were young.
Before we'd sung THE SONG.

人生は夢 僕等は亡霊
人類は神と埃の結合体
夏は長い
僕らが若いころ
歌をうたう前のこと

       (The Songより抜粋)

 シンプルな、まさにポップソングと呼べる歌です。西洋的な暗闇の雰囲気の中で生まれるビターで美しい音楽です。肘掛け椅子に横たわりながら年老いた体を少し動かして、昔のことを思い出す。痛切なノスタルジアが脳裏をかすめる。その一時は今の老体を忘れ、愛して止まなかった草葉の匂いや、破壊された残骸の鉄骨やコンクリートの周囲で遊ぶ夢を見る。一体いくつ思い出せるだろう?いつまで覚えてられるだろう?きっと、この歌を口ずさむ限りは忘れないに違いないでしょう。
 
過去に浸りながら現在を見るこの歌は耽美的で、その場に留まるのかもしれないけれども、その振り向きの動作が、また前を見る為の一歩であって、ネガティヴではない力強さよさを表しています。永劫と呼ばれる輪廻観が、このうたの根底にはあって、それが日本人である私を惹きつけるのかも知れないですね。

John Greaves's Website







  1. 2008/11/17(月) 02:17:33|
  2. .▼プログレッシブロック John Greaves(ジョン・グリーヴス)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。