現在の閲覧者数: FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログへ アフィリエイト・SEO対策 カウンター

ポストロック・デイズ/post rock days

一般的にポストロックと呼ばれている音楽を中心に 音響・テクノイズ・エレクトロニカ・アンビエント・ミニマル・フリーフォーク・アシッドフォーク・サイケ・アヴァンギャルド・民族音楽などを紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こんな休日に ブラジリアン・ポップスを

Terra - Caetano Veloso



 部屋を片付けていたら カエターノ・ベローゾ/ムイトをみつけた。
すごく久しぶりに聴いたら、何だか、とってもリラックスできた。

 忙しい生活の境界のこんな休日に出会えてよかったなぁ。

 ブラジルの音楽家らしいのですが、あまり詳しいことは知らない。ブラジルかぁ、日本とは違った歴史や文化の移り変わりがあるのでしょうねぇ。それでも、このアルバムはボサノヴァってだけでなくて〝ポップ〟と呼んでよいドラムやベースのアレンジメントが加えられていて、異文化のつながりのようなものが感じられて、短絡的かもしれませんが、ちょっと、うれしいというか、そんな感じがします。

 そんなこんなな感じでちょっと調べてみたら、恐ろしい経験を経てきたようですね。

1964年 右翼グループによるクーデターが起るような時世の中。
1967年 カエターノらが主導したトロピカリズモ運動(この頃は、ビートルズのような電化音楽をやりたいという音楽運動だった)歌謡音楽祭による全国展開をした。
1968年 トロピカリズモ運動が政治的な反政府運動と関わりを持つこととなり、そのために、彼自身、投獄されもしたようです。

さて、そんな私には伺い知ることしかできない体験をした彼の音楽。血肉をかけた生き方が穏やかさに解決することがあるんですね。もしかしたら、憂鬱をあらわしているのかもしれませんが。

 ちょっと、長いですが、ムイトの一曲目のTERRA(地球)を。コレだけ長い詩を感観客のみんなが覚えていて歌うというエピソードを聴いてなんだかうれしくなりました。

 TERRA

Quando eu me encontrava preso na cela de uma cadeia
Foi que vi pela primeira vez as tais fotografias
Em que apareces inteira, porem la nao estava nua
E sim coberta de nuvens
Terra, Terra,
Por mais distante o errante navegante
Quem jamais te esqueceria?
Ninguem supoe a morena dentro da estrela azulada
Na vertigem do cinema mando um abraco pra ti
Pequenina como se eu fosse o saudoso poeta
E fosses a Paraiba
Terra, Terra,
Por mais distante o errante navegante
Quem jamais te esqueceria?
Eu estou apaixonado por uma menina terra
Signo de elemneto terra do mar se diz terra a vista
Terra para o pe firmeza terra para a mao caricia
Outros astros lhe sao guia
Terra, Terra,
Por mais distante o errante navegante
Quem jamais te esqueceria?
Eu sou um leao de fogo, sem ti me consumiria
A mim mesmo eternamente, e de nada valeria
Acontecer de eu ser gente, e gente e outra alegria
Diferente das estrelas
Terra, terra,
Por mais distante o errante navegante
Quem jamais te esqueceria?
De onde nem tempo e nem espaco, que a forca mae de coragem
Pra gente te dar carinho, durante toda a viagem
Que realizas do nada,atraves do qual carregas
O nome da tua carne
Terra, terra,
Por mais distante o errante navegante
Quem jamais te esqueceria?
Na sacadas dos sobrados, das cenas do salvador
Ha lembrancas de donzelas do tempo do Imperador
Tudo, tudo na Bahia faz a gente querer bem
A Bahia tem um jeito
Terra, terra,
Por mais distante o errante navegante
Quem jamais te esqueceria?
  
テーハ/地球

牢獄の独房に繋がれていた時
僕は生まれて初めて見た
お前の写真を
お前の全身が写っている
でも裸じゃなかった
雲に覆われていたからね
地球 地球よ
おまえがどれほど遠い存在であれ
どれほど過ち多き旅人であれ
おまえを忘れることは決してないだろう
あの青みを帯びた星の中に
褐色の娘を想像する者はいまい
映画にも似た眩暈の中
可愛いおまえに よろしくと
伝えてもらおう
僕はいとおしさにとらわれた詩人
そしておまえはパライーバ
地球 地球よ
おまえがどれほど遠い存在であれ
どれほど過ち多き旅人であれ
おまえを忘れることは決してないだろう
地球という少女に 僕は恋している
おまえのエレメントは土
海からは陸が見えると言う
足にとっての陸は堅実さ
手にとっての陸は優しさ
他の星々は おまえの道案内と
なるだろう
地球 地球よ
おまえがどれほど遠い存在であれ
どれほど過ち多き旅人であれ
おまえを忘れることは決してないだろう
僕は炎のライオン
おまえがいなければ 自滅する
自らを際限なくむさぼり続けて
なにも残さぬまで むさぼり続けて
だが 僕はやはり人間だ
人々には 星々とは違う
喜びがある
地球 地球よ
おまえがどれほど遠い存在であれ
どれほど過ち多き旅人であれ
おまえを忘れることは決してないだろう
時も空間も超えた場所から
力よ 勇気を送りたまえ
僕らがおまえを愛せるように
無の中を旅するおまえを
己の肉の名を背負い 旅するおまえを
地球 地球よ
おまえがどれほど遠い存在であれ
どれほど過ち多き旅人であれ
おまえを忘れることは決してないだろう


古きサン・サルヴァドールの町
その二階家のバルコニー
姫君たちの残り香が
遠き帝政の時代を思い出させる
バイーアのすべて 一切が
僕らみんなに愛をくれる
バイーアには それができる
地球 地球よ
おまえがどれほど遠い存在であれ
どれほど過ち多き旅人であれ
おまえを忘れることは決してないだろう



■内省的なスタジオ版→http://jp.youtube.com/watch?v=8QlQWf8W0FE
















スポンサーサイト
  1. 2008/11/23(日) 18:57:54|
  2. .▼ブラジリアン Caetano Velosoカエターノ・ベローゾ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。