現在の閲覧者数: FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログへ アフィリエイト・SEO対策 カウンター

ポストロック・デイズ/post rock days

一般的にポストロックと呼ばれている音楽を中心に 音響・テクノイズ・エレクトロニカ・アンビエント・ミニマル・フリーフォーク・アシッドフォーク・サイケ・アヴァンギャルド・民族音楽などを紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ちいさいおと

Lullatoneララトーン




 Lullatone(ララトーン)とは。米国出身だけれども名古屋在住という、いわゆる変な外人であるSHAWN JAMES SEYMOUR(ショーン・ジェイムス・シーモア)という人と冨田淑美のヴォーカルというプロジェクトらしい。エレクトロニックと鉄筋、声、エレピなどが使われている。自然から録った具体音を、ピース(一音)として、メロディやリズムを構築する手法など、ケージやサティの流れも汲んでいる。やわらかく、のどかな印象だが、ちょっと聴いてみたところ、一つのフレーズの反復が目立ちミニマル・ミュージックとの類似を感じた。曲によっては、日本人のヴォーカルも入っている。アメリカ人だから勘違いしたジャポニズムみたいなことになるのじゃないかと憂慮していたが、それには及ばなかった。日本に住むシンプルな思考の異国人としての都市体験とでもいえばいのだろうか?そんな曲に感じた。くわえて、子供の世界と同時に、なぜだろうか、名古屋の開発されている駅前の建築を連想した。

彼はきっと小さいものや弱いもの、そんな微小なものが大好きなんだと思う。壊れないように繊細に積み上げられたカラフルな積み木の玩具、それは、絶妙なバランスで子供の空間に立ち上がり、緊張と弛緩。もう長く月日を積み重ねてしまった私たちに錯綜する想いを抱かせる。楽曲にはある間があって、それは空間をそれほど覆う事は無い。曲の構造は、リズムとポイントに使われているメロディともいえない効果音で成り立っていて明らかなので、全体を把握しやすい。

 そしてそれは簡単に世界の構造を把握できた私たちの感覚を再び呼び覚ます。簡単な構造の想像と同時に、地面に生えている葉っぱや落ちているもの(物質、素材)に対して微細にわたって興味を持って、飽くなき想像といじくりまわしをし続ける。そして、葉っぱをちぎる、虫を誤って殺してしまう…などの経験を得ながらどこか少し理解した気になって、子供ながらの形而上学を作り上げていく。無邪気、無知でも経験を別にすれば大人とその基礎構造のどこが違うのだろう。なんて、そんな幻想を思いついてしまったこんな深夜。。。

Vimeo 上の他にもたくさんの映像が見られる。 http://www.vimeo.com/videos/search:Lullatone

My Space http://www.myspace.com/lullatone

公式  http://www.lullatone.com/

記事 http://pingmag.jp/J/2008/10/06/lullatone-catch-the-bedtime-beat/



スポンサーサイト

テーマ:お気に入りアーティスト - ジャンル:音楽

  1. 2008/12/26(金) 03:16:43|
  2. .▼エレクトロニカ Lullatoneララトーン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。