現在の閲覧者数: FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログへ アフィリエイト・SEO対策 カウンター

ポストロック・デイズ/post rock days

一般的にポストロックと呼ばれている音楽を中心に 音響・テクノイズ・エレクトロニカ・アンビエント・ミニマル・フリーフォーク・アシッドフォーク・サイケ・アヴァンギャルド・民族音楽などを紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チル・アウト感ってなんだろう?? Global Communication/76:14

Global Communication/76:14

1994年発表(だいぶ昔ですね)。トム・ミドルトンのユニット作品だそうです。最近、ボーナスDisk(シングル曲入り)付きで再発されたようです。

Global Communication - 12 18

 

 言語による相互理解のコミュニケーションは非常に難しいといいます。だからといって、それを放棄せよというのではありません。障害は多くとも人が意味を伝えるために最も発達させたツールなのですから。それを踏まえて、時間帯や言語の違いを超えるものとしてスピーカーの前で音楽を聴くという行為はグローバルコミュニケーションの一歩となるのでしょうか。音楽という音を聴くことにより相互理解を深めるというアイデアは、このchil outという状態を共有することによってなそうとしているのでしょうか。それはどんな気分(状態)なんでしょうね。

 Chil Outとは、ドラックをキメたパーティーやロックフェスを終えた後、その高揚した気分を日常への復帰へむけて調整するという役目を持っているという話を聴いたことがあります。まるで音楽が気分を抑える薬物のような機能を与えられたようですね。確かに人の脳はある種の薬物のような物質の作用によって働いていると言われているから、あながち間違っていはいないと思いますが、音楽=ドラッグのような感覚表現が、なんだかヒッピーを思い出させます。

 そんな感覚が、90年代にも残っているなんて、人ってかわらないのかぁ。聴いていると心地よくてまったりとした気分になります。スローだけど一定のビートがあるので、まだ熱狂状態から冷め切らない人たちに心地よい移行期間を作ってあげるアルバムですね。9か国語からサンプリングされたボーカルはCD一枚分と言う制約を超えれば世界のすべての言語を収録して欲しかったというちょっと行き過ぎた期待を抱かせなくも無いですけど。激しい音楽がある一方でこのような落ち着いた音楽は、その相互関係のため未だに必要とされるのでしょう。GBというイニシャルを耳の形にしたロゴデザインと拡大された耳のジャケットは、聴くことからはじまるというコミュニケーションを象徴しているんでしょうね。

↓音は良くないけどYoutubeにこのアルバムの収録曲がたくさんありました。個人的には14:31とか好きです。

▼Global Communication-4:02 → http://jp.youtube.com/watch?v=tUnsjV9IM4w

▼Global Communication 14:31→ http://jp.youtube.com/watch?v=HAMjHbcWAyM

▼Global Communication - 9 25 (milkdrop) → http://jp.youtube.com/watch?v=edzmk2sC2B8



スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2009/01/31(土) 13:18:07|
  2. .▼アンビエント Global Communication
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Art Blakey & the Jazz Messengers/A Night in Tunisia

今回は、ジャズですw ポストロックと言うか非ロックがよく出てきますねw。

Art Blakey & the Jazz Messengers/A Night in Tunisia

ART BLAKEY, drums
LEE MORGAN, trumpet;
WAYNE SHORTER, tenor sax:
BOBBY TIMMONS, piano;
JYMIE MERRITT, bass


 このアルバムに収録されているA Night in Tunisiaチュニジアの夜はやたらと激しい演奏です。アートブレイキーの静かに後援するような叩き方では決して無く、まるで脅しているようにわめく重いドラムに圧倒されます。50年代から60年代の始まりで、バップジャズ自体も相当成熟していた時期だったのでしょう。有名な曲だから様々なジャズメンが演奏していますが、この激しい感じはこの録音でしか聞けないと思います。ブレイキーの演奏は、私のようにロック/ポップスからジャズを聞き出した人には非常に聴きやすいかなと思います。前述した畳み掛けるような激しさはロックにも通じると思うからです。フリージャズやロックへ向かう時代。ハード・バップもロック的になったのかな、なんてね。この曲、ブレイキーのバンドでずっと演奏され続けているみたいですね。youtubeで動画がたくさんありました。


■Art Blakey's Jaz Messengers Tokyo 1961 "Night in tunisia"


 マラカスがかわいいw てかショーターもなんかサックス吹かずにパーカッション。Youtubeの音質だからCDでの荒々しい音は伝わり辛いかも知れないけど、その高速化したバップジャズはわかるはず。エンディング、しつこい、演奏も濃くてコテコテ。これがハードバップジャズなんでしょうね。カッコイイなぁ。









テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

  1. 2009/01/29(木) 02:46:01|
  2. .▼ジャズ Art Blakey & the Jazz Messengers
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Deus ex machina/Imparis(Live)

 Deus Ex Machina - Rhinoceros (live)
Deus ex machina/Imparis(Live)
 Deus Ex Machina - Rhinoceros (live)

↑はじめは静かだけれども、だんだん上がっていく感じがイイです。中盤のリズムとキーボードソロがジャズロック!って感じで良いです。

イタリアのジャズロックバンドDeus ex machina(デウス・エクス・マキナ)が通算八枚目の新しいアルバムを出しました。2008年に出したのだけれどもう去年なんだね~。でも、プログレの長いスパンから見れば最近って感じですね。

 Deus ex machina(デウス・エクス・マキナ)ってのは日本語に訳すと「機械仕掛けの神」となります。演劇の手法で、突然強大な力を持った何者かが、ストーリーの流れをぶち壊して急展開させることをいうらしいです。この名前を使ったミュージシャンとかゲームとか結構あります。ちょっと、中学生っぽい視点で見て、機械仕掛けの神ってなんかカッコイイなって感じたのかな~。ダサともいえる名詞だなぁっていったら失礼か。Deus ex machinaでgoogle検索したら、なぞのブログやら外人のヴィジュアル系wっぽいバンドとか出てきてなかなかこのバンドのページが出てきません。そういえば、昔、アトラスの「魔剣X」ってゲームの剣の名前もDeus ex machinaでした。ってまぁ、イタリアのジャズロック(プログレッシヴ)のDeus ex machinaで調べればこの人たちのことはわかるはずです。たぶん

 今回のアルバムはStudioライブ形式のCDと、その模様を録画したものと過去のライブ映像を追加したDVDの二枚組みです。過去のライブ映像は見るのが始めてです。ちょっと撮影が遠巻きで素人っぽい揺れがありますが貴重な映像なのでしょうがないかな~と。今回のパリでの録画はちゃんと撮れています。かなりカメラが近くて、ああ、こうやって演奏しているんだなってのがわかります。

 Deus ex machinaって基本的に密度が濃いバンドです。不思議で特徴のあるメロディを主軸にどんどんツギハギで建て増しされていく建築物のように猥雑で妙にテクニカル、フレーズは短いのに構成は複雑。リズムも妙だけれども、ハードロック的なノリがあって前へ前へいく感じがあります。2002年のCinqueからは、もっとハードックというかレッド・ツェッペリン的な静と動、つまりノリノリでなく歌い上げたりするパートがまぶされました。その感じを今回のライブでも引き継いでいました。

 DVDに収録されているインタビューで、85年に結成した当初から「ファットな音楽」を目指していたと言っていました。そういえば80年代といえば大半がデジタルビート化されていて非人間的でクールな音がもてはやされていたニュー・ウェーブ時代でしたね。そんな時代に熱のあるファットな、野太く骨太なロックを志向したからこそ、ハードロックやプログレのような音楽に接近したのでしょうか。40前後のアツいオヤジたちのロック…って書くとなんかイメージ違いますが、意外と映像でみると、そんな純なロックに見えました。今だにジャンルではプログレに括られているのかな。でもまぁそうかもね。私も始めて聴いたとき「なんか変だな」って感じました。でも慣れるとこの変わった感じが好きになりました。イタリアというお国柄が出ているのでしょうか。ファットなハードロックを志向してもこういった形で表現されるんですね。そんな血の濃さってちょっとカッコイイかもね

 公式→ http://www.derepublica.com/
ここで数曲だけ丸ごと一曲聴けます。

↓Youtubにあった他の曲。
●Deus Ex Machina - Cosmopolitismo Centimetropolitano (live)




テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

  1. 2009/01/26(月) 00:32:18|
  2. .▼イタリアンプログレ Deus ex machina
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Mouse On Mars/Niun Niggung

Niun Niggung Track1→Download Sofist


Niun Niggung Track2→yippie

 始めてMouse On Marsマウス・オン・マーズを聴きました。エレクトロニカでは相当有名なのに素通りしていた。けれども今年に入ってCDの中古屋でニウン・ニグンを見かけたのでちょっと買ってみようかな~と思い購入して聴いてみた所「!!!」でした。

 マウス・オン・マーズはアンディ・トマとヤン・サン・ヴェルナーの二人によるドイツのグループです。

 一曲目はアコースティックギターにとぼけた様な電子音とエレピの和音が絡んでとても心地よいです。リズムはシンプルに聞こえてきますが、よく聴くと様々で複雑です。なんだろうか、単一の音が続くだけの音楽であるインテリジェント系に、ポップでふざけた感じとでも言えばいいんでしょうか、そんな音が合わさっていてインテリジェント/ポップの境界で遊んでいるようでした。とても好きな音楽です。このアルバムは全体的に穏やかなイメージですね。電子音の作り出す微妙な「ゆらぎ」のような音響空間はとても澄んだイメージを抱かせます。透明感のあふれた音の感触ともいえますね。

 細野晴臣が推薦しているようです。そういえばこの間、うちの大学で中沢新一との対談の授業がありました。履修していたので聴講してきました。最近、細野晴臣自身は、こういうようなポップでエレクトロニックなアルバムよりも演歌とか泥臭い方向の音楽を志向しているようです。面白いですね。こういうアルバムも聴きつつ演歌とかも聴くんですね。で、そういった、どろどろとしたようなあの時代(昭和30年代)特有のカオス的な状況が良い音楽を生む、なんていう話をしていました。そして、今の経済不況がもっと進めば、あの貧困の時代へと戻って行くかも知れないのでこれから良い音楽が生まれるのでは、とも言っていました。ほとんど、雑談っぽかったけど、刺激的な講義でした。あと、プロジェクターに写されたそんな時代の写真をみて「はっぴいえんど」が活動していたのもそんな時代だったと話していました。そろそろ、次のアルバムにも取り掛かるようです。YMOのイタリア公演が決まったとか。YMOの流行ったバブル時代はなーんにも覚えてないよ。とかも言ってました。 

 まぁ…話がそれましたね。

 で、なんだか、購買意欲に火がついたようで、マウス・オン・マーズ他のアルバムもじゃんじゃん買ってしまいました。でも、ディスコグラフィーは沢山あるようで、まだまだ集めねばなりません。今年は年始の洋服のセールにあまり足を運ばなかったので、もしかしたらコレが今年に入って、今のトコ最大の消費かも知れないです。アルバムによって様々な方向性があるので、他のアルバムもそのうちレビューしたいですね。愛すべき音楽が増えていく~(^^♪

Myspace → http://www.myspace.com/mouseonmars




Mouse on Mars

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

  1. 2009/01/24(土) 02:09:59|
  2. .▼エレクトロニカ Mouse On Mars
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素朴なライブ

 最近Efterklang(エフタークラング)を久々によく聴いています。
"Efterklang"は"after noise"の意味で日本語で言えば残響とかそんな意味になる様です。


 デンマークのバンドでポストクラシカルの世界では結構有名人。メンバーは5人ですが、ライブのときにはサポートメンバーが大勢追加されるので10人くらいの大所帯バンドとなります。

 バイオリンやトロンボーンの音や声はミニオーケストラを体現しているかのようですね。男性コーラスの野太い声が幾重にも幾重にも重なって広がりをみせていく様子は異様といえば異様ですが、厳格で宗教的な雰囲気、重みのある世界観が加わります。そんなところがポストクラシカルと呼ばれる所以でしょうか。

 で、youtubeで動画を見ていたらこんなのを見つけました。詳細は・・異国の言葉でよく分りませんが、メンバーが空き地みたいな所で野外演奏をしている映像です。曲名ははMirador。彼らの楽曲の中でも有名な曲です。私が最初に聴いたのもこれ。

■Efterklang/Mirador


 打楽器は木の棒、石、拍手、それに声と口笛。なんて楽しそうなんだろう~。今すぐ私も参加したい!石を打ち鳴らしたい、トタンを棒でガリガリやりたい!そんな衝動に駆られる映像です。近所にこんな人たちが居たら良いのにね。

 別に大掛かりな装置やアンプやらがなくても素晴らしい音楽は作れるということです。音楽の楽しさを改めて教えられました。



Efterklang - Parades



テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

  1. 2009/01/21(水) 02:03:05|
  2. .▼ポストクラシカル Efterklngエフタークラング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Four Tetフォーテット/Rounds~境界から日常へ~

●Four Tet - She Moves She


 Four Tet(フォーテット)はFridge(フリッジ)のギタリスト、Kieran Hebden(キエラン・ヘブデン)によるソロ・プロジェクトです。けっこうこの道(どこ?)では有名な人です。2008年のRingeが最新のアルバムですが、それはまたの機会において置いて今回は2003年発表のROUNDSです。

 モコモコした音のリズムから始まり生ドラムとシンセの和音が拡がりを持ちつつ空間を埋めはじめ、力強いドラムビートが始まります。そのリズムはポリリズミックで複雑です。そこに被さるキラキラした音(ハイアットシンバルとか)や印象的な繰り返しのメロディがなります。二曲目She moves Sheは、強靭なドラムビート、叙情的なハーモニクスを強く感じるギター、チェレスタ、が絡み合って、美しいポップインストを演奏しています。なんて、全曲書いていったら長いですね。

 全体のメロディは情感に恐ろしくうったえてきます。生演奏のドラムとエレクトリックなノイズや和音が、絡み合いながら非常にロマンチックに、ノスタルジアに惹かれながら、日常の風景の中で展開します。こういうのをフォーク・トロニカっていうんだろうなぁ。電子音による日常を表現できるのがエレクトロニカで、フォークは生音を使っているからそう命名されたんでしょうか。

 楽曲の中でかなり自然に電子音が使われています。違和感はほとんど無くてまるで楽器の一つのようになっています。以前の音楽にあった電子音と生音という二項対立はもう崩壊してしまいそこには単に作曲のための一つの技法になっているのでしょうか。その視線でみれば日常/非日常というエレクトリックミュージックを語る上で常に言われてきた対立構造を括りださずとも、単に楽曲を作曲するというアーティスト個人のコンセプトに近づいた「日常」というあたりまえにある世界への問いかけ、へと変貌を遂げたのかもしれません。「逸脱した境界線からナチュラルな日常表現へ」それが、フォークトロニカかも知れませんね。

●MYSPACEでNYでのLive演奏とか色々と聴けます。
http://www.myspace.com/fourtetkieranhebden

●公式
http://www.fourtet.net/site/index.html



Four Tet



テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

  1. 2009/01/19(月) 14:31:51|
  2. .▼フォークトロニカ Four Tet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

哀愁のアコーディオン・エレクトロニカ

http://www.mamamilk.net/

http://www.yukoikoma.com/profile/

mama!milkという、アコーディオンとコントラバスのユニットのアコーディオンを担当している生駒祐子さんのソロ作品らしいです。詳しいことは上のサイトをご覧ください。

mama!milkはジャズ要素が溢れていますがソロの方はエレクトロニカ色が強くなっているようです。(mama!milkのライブ映像はサイトで見られます)アップした動画は映像とも相まってかなりメランコリックな印象を受けます。ずーっと同じフレーズの繰り返しだ~嫌いじゃないけど。なんだか実体がつかめない、生駒さんも謎に包まれている感じ。

■shijima / yuko ikoma


廃墟や船上や寺院など様々な場所で演奏を行っているようです。アートシーンとも密接に関わっている模様。使用楽器は手回しオルゴール、リコーダー、トイピアノ・・好きな人にはたまらんラインナップですね。








Yuko Ikoma

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2009/01/16(金) 00:34:57|
  2. .▼エレクトロニカ 生駒祐子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Focus- Hocus Pocus (live '73)

■Focus- Hocus Pocus (live '73)



 最近、レポートとか課題とか忙しくてあんまり更新できてません。すいませ~ん、また「ほぼ毎日更新」を目指したいなぁ…なんて。そんなコトいいながらも音楽は聴いています。最近Mouse on Marsにハマってアルバム買いあさってます。あと今更なのかもしれないけど、フランスのレーベルMille Plateuxもブーム中。ドゥルーズ=ガタリの著作から取ったレーベル名でしょう。最近アメリカの経済破綻などでまた資本主義が取りざたされているからなのか、現代思想でもドゥルーズ特集とか組まれてましたね。どうなるんでしょうねぇ。さて、雑談はこの辺にしましょう。
 
Youtubeにはほんとにたくさん動画がありますね!プログレとかw!で今回ビックリするのがあったので貼り付けます。

 Focusフォーカスです。オランダのあのヨーデルボイスw こわっ、白目がー。70年代のあやしい色物バンドみたいだけど、とにかくヤン・アッカーマンのギターは上手くて、バンドもこの時代っぽくてすごいテンションの高さでノリノリになれる。それにしても、これ、ツェッペリンもビックリのハイ・テンションじゃない??なんか、キメてたのだろうか。それにしてもヤン・アッカーマンギターってカッコイイなぁ、好みです。最近フォーカスが再結成したってあったけど聴いてみたいな。ライヤラ・ライヤラ・ライヤラ・ライヤラ・ポン・ポン・ポ~ン…。しかしすごい呪文だことw。愛して止まないわ(また言ってしまった。このセリフマイブームです)。。。




テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2009/01/14(水) 17:33:51|
  2. .▼オランダプログレ Focus
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ARTI & MESTIERI

■ARTI & MESTIERI - FIRST LIVE IN JAPAN Gravita' 9.81

↑彼らの有名なアルバムTilt収録のGravita' 9.81 このLIVEではシンプルに主題のリフのトコだけの演奏みたい。アルバム収録の曲は即興っぽいパートを挟んで次の曲につながる。再録版は主題のリフに戻る。

 イタリアのジャズロック。フリオ・キリコ(Dr)がムキムキマッチョに!! そりゃ、あんだけ手数の多いドラム叩いていればそうなりそうだけれども……でも、無関係に鍛えてそうな筋肉だよなぁ。この曲、朝に目覚ましとしてかけると結構気分よく起きれるんだと言ったら、友達に「朝?そお?夕暮れみたい
。」って言われました。いわれてみれば、そうかもしれない…。私ってどんなときになる音楽かってゆうシュチュエーション感覚(?)、あまり無いのかな。

なんだか最近は個人的にプログレブームです。昔に買った周りの友達はほとんど知らない(苦笑)アルバムを久しぶりに聴いています。

↓これ前述したGravita' 9.81の再録が入っています。ドラムが重くて音がいいし気持ち良いのでよく聴きます。


  1. 2009/01/05(月) 09:22:39|
  2. .▼イタリアンプログレ ARTI & MESTIERI
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009年今年は牛。

うし
 

 明けましておめでとう!!

新年は4日から開始のポストロックデイズです。ポストロックと言いいながら、それ以外のジャンルのほうが充実しつつある(とはいえ、まだ不足はありますが)。

と言うわけで、シカゴ音響派のコンピのです。とはいっても2000年に出たCD何だけどね。2009年にジャケット流用だ。

V.A/Chicago 2018: It's Gonna Change

DISK1

1. Bobby Conn/Whistler
2. Sam Prekop/Afternoon
3. Jim O'Rourke/Never Again
4. Toe 2000/Absolutism
5. Chicago Underground Duo/King Cobra
6. Slam!/911
7. Pullman/Karissa
8. Bundy K. Brown/Imagining Place
9. Mick Turner/Sunny Xmas Day
10. Tricolor/Absolution

DISK2

1. Tortoise/Jetty 99
2. Freakwater/All Life Long [Remix]
3. Joshua Abrams/End of June
4. Eternals/Bewilderness
5. NRG Ensemble/Hold That Thought
6. Bobby Conn with Jim O'Rourke/California
7. Ken Vandermark 5/Distance [Live]
8. Isotope 217/Luh [Live]

 独自のリバーブ空間の中に、様々なジャンルのリズムやメロディ、そして間違いや排除される対象だったノイズのような音までをも、音楽として使おうとしたのだろうか。そんなことをわざわざしようとは思ってないだろうけど、独特の拡がりがあってそんな風に聞こえる。Toe 2000/Absolutismの日本語には爆笑しました。なんだっけ、だれかの言葉か歌詞だったよね。あなたに私の大切なものをあげるわってw。Chicago Underground Duoは昔のフリージャズっぽいけど、このもわーとした音は何だろうか。Slam!/911この911ってまさか……予言??まぁ、それは置いといて、この曲なんだかSoft MachineのThirdアルバムのFaceliftって曲のフレーズに似てるな。

 いろんな疑問を解消しなけりゃ。TortoiseとかSam Prekopとかの記事も個別に書かなきゃなぁ。Tortoiseなんて、所謂ポストロックの代名詞だと思うしね。やることいっぱいだ。そんな感じで今年もよろしくお願いします。
 



テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2009/01/04(日) 01:18:48|
  2. .▼シカゴ音響派 コンピレーション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。