現在の閲覧者数: FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログへ アフィリエイト・SEO対策 カウンター

ポストロック・デイズ/post rock days

一般的にポストロックと呼ばれている音楽を中心に 音響・テクノイズ・エレクトロニカ・アンビエント・ミニマル・フリーフォーク・アシッドフォーク・サイケ・アヴァンギャルド・民族音楽などを紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

King Crimson(キング・クリムゾン)/Fracture(突破口)

■Fracture(突破口)
この映像は関係ないです。曲がFractureです。

 バイトに向かう朝の電車の中、携帯に音楽を入れてKing Crimson(キング・クリムゾン)のこの曲をよく聴いています。徐々にテンションが上がっていくこの不思議なメロディの繰り返しは、螺旋状のエレベーターを逆走するような、エネルギーが一定方向に激走するような気がします。

 多分、美しく親しみやすいメロディがほとんど皆無で、不思議な音階をただただ鍛錬するように繰り返し、繰り返しすることが、抽象的なエネルギーの発散につながるから好きなんだなと思います。

 そんな抽象性が人によってはこの曲を遠ざける原因になるのでしょうね。

 でも、この曲は、ギタリストとしてのロバート・フリップの多くが詰まっている凄まじい曲だと思います。暴力的なまでの単純反復の理論が、時折爆発を起こしながら吹き上げていく、あまりにも男性的で粗野な発露。ベースソロやドラムもひたすらハードでカッコイイです。

 後半戦の急激に拍子が変化するパートで何度鳥肌が立ったことか。あそこのドラムとベースの絡み、ギターのロングトーン、その後に来るヴァイオリンとギターが同一フレーズでだんだんと転調しながら上り詰めていく所ときたら!!!ほんとに格好良いです。

 Youtubeにあった音源が、最後尻切れトンボなのが残念です……。CDかダウンロードで聴いてみてください。

 やっぱKing Crimson、いまだに好きだわ。聴き始めてかれこれ七年目です。




スポンサーサイト

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

  1. 2009/02/28(土) 01:19:40|
  2. .▼プログレッシブロック King Crimson
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

武満徹 作詞作曲 『翼』

保多由子(メゾ・ソプラノ)/翼

 ふとしたきっかけで聴いた音楽が、耳に残るというか、好きになることってあるんですね。図書館でクラシック・ギターのコンピを借りたら、そこにヴォーカル入りのこの曲があったんです。武満徹作曲の『翼』という曲。武満は現代音楽界で世界的に有名な作曲家です。彼ってポップスも好きだったんですね。そういえば、昔、東京オペラシティで催された武満徹展を見に行ったとき、彼の作曲スペースがそのまま展示されていて、そこにはビートルズの楽譜がありました。

 ギターとソプラノ歌手の歌という組み合わせも私の好みだったから、なのかも知れないけれども、不思議と心に染みるというか、あまり上手い表現は出来ませんが…好きになりました。歌詞にも、とてもノスタルジアを感じる言葉が散りばめられているからかな。小・中学校の合唱コンクールで歌えそうな良い曲です。
 そうそう、ギター伴奏は鈴木大介です。保多由子版は、クラシック出身でも歌い上げすぎてないところが好きですね。残念ながらYoutubeの動画はありませんでした。


 合唱曲版もあるようですね。あと石川セリという人が歌ったものも有名だそうです。そっちも聴いてみたいな。と書いてたら、Youtubeにありましたね。↓



 この石川セリ版も好きですね。ポップス風でなかなかムーディな感じ。


~ 翼  作詞・作曲 武満徹~

風よ 雲よ 光よ
夢を運ぶ 翼
遙かなる空に描く 希望という字を

人は夢み旅して いつか空を飛ぶ

風よ 雲よ 光よ
夢を運ぶ 翼
遙かなる空に描く 自由という字を
自由という字を








テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

  1. 2009/02/22(日) 04:28:25|
  2. .▼クラシック 武満徹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MRI/Painkiller

CC3
↑Clicks & Cuts 3のジャケ


 今さらなのかもしれないけれどもMille Plateaux(ミル・プラトー)レーベルのアーティストたちにハマっています。で今回はMRIというアーティストを紹介します。MRIってあの検査のことなんだろうか。さらに、曲のタイトルがPainkiller。あのジューダス・プリーストの名曲が浮かんできたぞ…。(ただの上っ面の連想です。)

 どこで知ったかと言えば、そのミル・プラトーのコンピであるClicks&Cuts3に収録されていたPainkillerというトラックを聴いて知りました。

 ひどくズレるようなリズムや機械の軋轢音が漂う中、女性ボーカルが断片的に入る感じの曲です。って一言でいえちゃうのかw いやいや、なんというかリズムのズレ方やノイズっぽい音の入り方、それぞれ細かく聴いてもこだわったタイミングで挿入していたりとかなり芸が細かいです。ギコギコいう音とか、基本のビートに絡まってくるビートが幾つかあって、よくよく聴くとかなり複雑ですね。この地味な機械音だけどよくよく聴くと手の込んでる感じが好きです。あとぐちゃぐちゃしたリズム感も、癖になりそう。

 

この曲→ http://www.lastfm.jp/music/MRI/_/Painkiller


その他→ http://www.lastfm.jp/music/MRI




テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

  1. 2009/02/20(金) 03:20:09|
  2. .▼クリックス&カッツ MRI
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Aphex Twin/Selected Ambient Works 85-92

Aphex Twin/Selected Ambient Works 85-92(1992年)

▼Aphex Twin - Xtal


 帯にアンビエント第三世代なんて書いてある1992年のアルバム。ずいぶん昔ですね。それでも古びない?かどうかはわかりません。なんせ最近ではこういう音は簡単に作れちゃうらしいですからね。一曲目の四つ打ちのバスドラや、モワモワした深い反響が気持ち良いです。スネアとハイアットの音はチープですが。

 どういうシュチュエーションで聴かれた音楽なんでしょうね。Track2のThaはIDM系の大元なのかな。シンプルな骨格を強調しているところがそれっぽく聴こえます。

 全体的にシンプルでメロディとかもわかりやすく聴きやすいアルバムだなと思いました。ドラムはハッキリとビートを打ち出してます。アンビエントだからってずーとモアーっとしていたら退屈だしね。でも、この打ち込みのドラムが時代を感じさせてしまうかもしれないというデメリットもあるんでしょうね。

 Richard David JamesはAphex Twin名義では、リミックス集を除けばdrukqs(2001)以来、アルバムを出していませんね。DJは続けているらしいですが、最近は何してるんだろうか。

MySpace →http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendID=313203530





テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

  1. 2009/02/17(火) 02:30:28|
  2. .▼アンビエント Aphex Twin
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

CAN(カン)/Tago Mago(タゴ・マゴ)

★CAN - Paperhouse この曲は意外にロックっぽいぞ。しかし、長髪+上半身裸、ピッタリとしたパンツ。ああ、これはちょっとキモい…かも。


一人でそこに座ってる 頭のイカレタ奴

虹の上から小便  我らがイモと呼ぶ

            CAN/Tago Mago Track-3 『Oh Yeah』 より


 ドイツのバンドなのに、途中から突然、あやしい日本語が飛び出すwはじめに聞いたときは大笑いしてしまった。と同時にかなり好きなってしまった。

 かなりあやしいロックをしています。ギターなんかはちょっと70年代っぽいけど、全体的に曲の構成とか音とかが奇妙に捻じ曲がっているというか。このロックっぽさはギタリストのマルコム・ムーニーによるところが大きいようです。スネアドラムのキンキンとしていて突き刺さるような音は耳から離れません。この音、鋭くて好きです。楽器それぞれがなんだか独立しているような、コラージュのような、ちぐはぐさを感じます。これが、この奇妙さに一役かっているのかな。みな一丸となって一つのリズムを演奏しようという意識は無く、なんだかズレたままどこかへ向かって行くような感じがします。

 後半に、行くにつれて何処へいくかわかるようになりますw何処へって、もちろん宇宙ですwT-5のAumgnは繰り返しのフレーズのドラムが無くなっていわゆる現代音楽的なドローンの世界へ旅立ちます。ああ、でも民俗音楽っぽくもあるから、遥かかなたの宇宙でなくてまずは未開地へwですね。でもきっと、チベット仏教のバルドゥとかの中間状態(死の状態=禅でいう無)になって、ついには死者の国へ行くんですよ。たぶん…。「ぁああぁあぁあ……」とかいうあやしいお声も聞けるんですから!この声から感じる不気味さも理性が恐れるような根源である存在との交換を表現しているんです。
 そして、やってくるノイズ的なドラムの連打、犬の鳴き声という喚き散らす騒音はまさに、死へ向かうことを目指します。つまりノイズにより理性(知性)を否定して、無の存在(姿も無く形も無い根源的ななにか、端的にいえば神)を迎え入れる儀式を行うということ。無の存在との交換の儀式を執り行っているんです。人間にとって知ることのできない存在である宇宙(=マレビト=無の存在)へ捧げられているわけです。人の理性で把握できない何かと交信(交換)するためにこんな混沌とした音楽表現したんでしょう。騒ぎ立てること、音を、騒音を鳴らすことが、ノイズを避けてきた合理主義的な理性に対する攻撃にもなるのでしょう。少し聴いて、そのような絶叫や不協和音の群れに不快感を感じたり、イヤだなと感じるのも無理は無いです。けれどもそのような、闇との体験というか分からないという感覚を感じることが異界(闇)とのかかわり。未知の音楽とのかかわりなのです。そして、神との交換が行われます。ここには、リスナーに対して心地よくさせるのでなく、彼ら自身が神との交換の儀式を行っているので、リスナーとの間には、ディス・コミュニケーションが発生しているともいえます。

こんなこと考えてプレイしていたのかは謎ですがね。

 非常に評価されているバンドのようです。シュトックハウゼンに学んだこともある現代音楽畑出身というインテリなメンバーに加えて、日本人のダモ鈴木という怪しいおっさん(失礼)がいるという、神話を作るのにもってこいなエピソードがあるからかもしれません。が、サウンド的にもかなり面白いです。BPMを上げれば、ドラムンベースとしても機能しそうな曲もあります。それと、ジャーマンの音楽って音に対するこだわりがすごいですね。


CAN/Tago Mago  

1. Paperhouse   http://www.youtube.com/watch?v=1qZh9bgrKmQ
2. Mushroom    http://www.youtube.com/watch?v=N8RzLdf34Ow
3. Oh Yeah     http://www.youtube.com/watch?v=49PvnYCKZkM
4. Halleluhwah   http://www.youtube.com/watch?v=De1T8LR_srs
5. Aumgn
6. Peking O     http://www.youtube.com/watch?v=nW8bBYMEeQk
7. Bring Me Coffee or Tea http://www.youtube.com/watch?v=Ilk-2tXzlvE




テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

  1. 2009/02/15(日) 06:23:00|
  2. .▼ジャーマン・プログレ CAN(カン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Animal Collective - My Girls

★Animal Collective - My Girls


 Animal Collective(アニマル・コレクティヴ)はアメリカ合衆国のボルチモア州出身の四人によるグループです。ジャンルで言えば、フリーフォークやポップ、シューゲイザー、サイケデリックロック、グリッチ系ノイズまで、様々なジャンルを吸収して独自のセンスで構築するアヴァンポップなバンドです。う~ん、まぁ、ジャンルを羅列しても分かりませんね~。聴いてみるのが一番です。

 始めて聴いたときは、ビートルズやビーチボーイズっぽいなぁと思いました。ちなみにそのアルバムは『Feels(フィールズ)』です。まぁ、録音は新しいので音はクリアですがね。そんな、馴染みのメロディに、深い反響のかかったギターやギュイーンって感じで鳴る電子音や可愛げなピアノ、しっかりとしたドラムのリズムが絡まって、何だか分からないけどどっかへ急いで向かうような感じがして、とても気持ちいいなと感じました。そんな、反響空間が広がる『Feels(フィールズ)』から『Strawberry Jam(ストロベリージャム)』へそして、今年、ニューアルバムが発売されました。

そんな最新アルバム『Merriweather Post Pavilion(メリーウェザー・ポスト・パビリオン)』に入っているMy Girlsという曲がYoutubeにあげられています。あと、公式サイトでもページにアクセスすると勝手にPVが流れ始めます。曲の始まり方や盛り上がり、展開、メロディ、独特なリズム感は、まさにアニコレっていった感じです。個人的にはあまりに型にハマりすぎてて好きだけど、何か妙なもの、変わっているけど面白いものを聴いたというより手堅いものを見せられたというか、職人的に感じました。ちょっと、新しさを期待しすぎたのだろうか。とても、よく出来た聴きやすいアルバムですね。より多くの人が聴けるポップなアルバムだと思います。

 個人的な話ですがアニコレを自分の家の外のひょんな所で耳にすることが多いです。久しぶりに泊まりにいった友達が不意にかけたアルバムが『Strawberry Jam(ストロベリージャム)』だった事がありました。その人は武蔵野美術大学のファイン(絵画)アート系の院生です。そして、つい先日、原宿にあるデザインフェスタギャラリーを見に行ったときに行われていた展示会場でも『Strawberry Jam(ストロベリージャム)』が流れていました。う~む、アート系に好きな人が多い(?)しかもストロベリージャム限定!?な~んてこんな情報で断定は出来ませんがね。

★ミクシィのラジオで全曲試聴できるらしいです。 

 →http://www.bounce.com/news/daily.php/17557/headlineclick

★My Space
 → http://www.myspace.com/animalcollectivetheband

★オフィシャル
 → http://www.myanimalhome.net/




テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

  1. 2009/02/12(木) 03:26:02|
  2. .▼ポストロック Animal Collective
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Haruka Nakamura

●Haruka Nakamura - Arne


 Haruka Nakamuraを聴くたびに東京という都市を漠然と思い出してしまう。といっても、東京の全体像なんて、東京出身の私にも上手く想像することは出来ない。なので東京というよりも、都市自体の姿なのかもしれない。あくまで、それは作曲家から見た視点もしくは私がこの曲から感じた思いに過ぎないのだが、この漠然としたものは、何なのだろうか。
 フィールド・レコーディング手法を用いて現実の生活の音を録音したものをコラージュしている。そのひとつの場面が私にとっては公園の砂場で遊ぶ子供たちに聴こえた。そこから、団地の水道や密集したイメージ、そしてそこに暮らす人たちが浮かんでくる。それは、遅いテンポの曲が多いのと同じように、ゆったりとした大半が曖昧な記憶として脳裏に浮かぶ。テンポが遅いと感じたのは何故だろう。日頃は社会の速度に合わせているから、その慣れがそう感じさせたのかもしれない。表現されているのは都市の休日という事になるのだろうか。

 ある記憶というものは思い出す事をするだけで、非常にノスタルジックな感情を伴う。この曲を聴く最中に思い出す出来事は、非常に美しかったことや良かったことの断片なのだろう。例えば、木漏れ日から射してきた光、木々や葉っぱ、暖かい空気と広い公園…。日々の休息や生活の中での気になった美しさや楽しさ、そんな断片を写真に残すように、その一枚一枚を再び組み上げることによって、私たちの前に再び現れる。都市にいる一人一人の奏でた音というスナップ・ショット。そんな空想からこんな様な音が聞こえてきたらとても素敵だと思う。

My Space→ http://www.myspace.com/harukanakamura





テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2009/02/09(月) 02:48:03|
  2. .▼エレクトロニカ Haruka Nakamura
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Liquid Tension Experimentリキッド・テンション・エクスペリメント

▼Paradigm Shift - Liquid Tension Experiment


 Dream Theater(ドリーム・シアター)のドラマーである Mike Portnoy (マイク・ポートノイ)が、競演したいミュージシャンを集めて音楽グループを作ろう、とのプロジェクトをマグナ・カルタレーベルから持ちかけられて、それを受ける形でマイクがメンバーを集めました。そのメンバー集めはなかなかスマートに行かずに様々な出来事が起ったようですが、それはライナーに日記として記載されているので読んでからのお楽しみということで。とにかくして、キーボードで現在はドリームシアターのメンバーになっているJordan Rudess(ジョーダン・ルーデス)、ベース担当はKing Crimson(キング・クリムゾン)のメンバーでもあるTony Levin(トニー・レヴィン)、ギターは同じドリーム・シアターのJohn Petrucci(ジョン・ぺトルーシ)という四人に決まったのでした。

 超絶技巧が繰り広げれれるハードロックのような、ノリの良い、ビックリするほどBPMの早い激しい曲↑から、美しいギターバラード、などの演奏を堪能できます。基本的に技術のある人たちなので、安心して聞けるというかwそんなにプログレって感じの難しい音楽はやっていません。ああ、けれども全篇インストゥルメンタルだし、最後の曲には30分近いジャムセッション的な演奏が収録されているなど、ポップでは無いんだろうな。

 あまりドロドロと暗くなく、軽快にテクニックが披露されているので、とても気持ちが良いです。そこまで、様式美的な型にはまっているわけでもなく、逸脱しすぎているわけでもないという名人芸をみるようです。こういう感じのストレートなハードロックっぽさをやっているバンドって意外と現在では少ないのでは?まあ、そんなに詳しくないので断定は出来ませんが。個人的には、キング・クリムゾンが好きなので、そのメンバーのトニー・レヴィンが参加しているというので買ってみたのですが、意外と(失礼)良くって、スカッとしたいときに聴きます。

Youtubeで幾つか見つけたので聴いてみては。

▼paradigm shift (live) ちょっと、音が悪いですが。

http://www.youtube.com/watch?v=8ucMeGOqX20

▼Universal Mind  なんかメロスピっぽいキラキラした疾走感のあるイントロですね。

http://www.youtube.com/watch?v=rEZC0ZJ1AW8

▼Biaxident ピアノが美しいです。

http://www.youtube.com/watch?v=xYYOtEZeQl0

▼State of grace  良いバラード曲。シンプルすぎるからか、和音が教養番組に聴こえる瞬間が…。でも、素敵な曲です。

http://www.youtube.com/watch?v=rNeVC97HiRI




テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

  1. 2009/02/07(土) 03:40:04|
  2. .▼ロック Liquid Tension Experiment
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Pan Sonic/A

Pan Sonic/A

■Pan Sonic plays Kurenniemi pt 1



 もしも、音楽の骨組そのものを表現しようとしたらどうなるか?ロックよりはハードコアパンク。ロマン派のワグナーよりはJSバッハetc そんな風にひたすらシンプルへと向かう気がする。そしてあるときメトロノームの存在に気付く。音楽家の練習の為にただひたすらと正確に音を刻み続けるメトロノーム。そして、そこから更に根源に向かえば無音になる。とんでもないと思うかもしれないが、音楽の成立には無音状態が先ず必要だ。そうしなければ鑑賞できない。静かな場所を作り出すことが、根源的な音楽の条件とされてきたのだ。だが、無音を作り出すことは非常に難しいだろう。ジョン・ケージのように周囲の音に耳を澄ましそれを音楽として受け入れようしたというあの有名な4分33秒。あれは、本当に音の無い状態が作りづらいことをも表している。完全防音の部屋にはいってそれこそ完璧な無音を得たとしても、あなたの心臓や脈は律動を続けている……。そんな、無音の世界に非常に接近した音楽とはこんなシンプルな音楽なのかも知れない。

 以前、友達にこの音楽を聞かせたら「うん。勉強のときとかにいいかもしれない。」と言っていた。人によっては、「う~ん、音楽に聞こえない」と言いそうだが、彼女は周囲の環境に溶け込む点とシンプルな繰り返しが論理的な思考の表現だということを直に見抜いてしまったらしい。すぐに拒絶しないで肯定的に受け取ることが、新しい音楽の受容には大切なことなんだなぁ。

 音楽家にメトロノームが与えられたようにリスナーに何かをする余裕を与える音楽としてこのようなシンプルな音楽があるとすれば、音楽を聴くという行為が変化することになる。木々などの自然だけでなくエアコンやTVなどの環境へ接するのと同じくして、私たちが必要とするものに対してこちら側から接しようと意図することが必要になってくる。だが、それらの環境とは違って音楽は必ずしも必要ではない。目的や機能がわかりがたいのだ。エアコンならば部屋の温度を調節すると言う役目があるが、音楽にはない。とくにPan Sonicの演奏をライブに行って聞くという状況になった時には環境音楽として無視しても良い音楽でなく、わざわざ聴くための音楽としての場が提供されることになる。そのような場面で聴く彼らの音楽は単体で成立するのだろうか。まぁ、そんなことは好きな人なら好きだし嫌い人ならダメなんでしょ、といってしまえばそれまでだが非常に気になる。

 ほんとはこんな面倒なこと考えなくても、単に電子音がどう作られているのか技術的なことを書けたら楽なのにねぇ。

Pan Sonic / Sonar 2008 → http://jp.youtube.com/watch?v=tGJmgKErABo



テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

  1. 2009/02/05(木) 02:31:30|
  2. .▼エレクトロニカ Pan Sonic
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Steve Hackett - Horizons

Steve Hackett - 'Horizons' - Live At Nottingham, 1990


 地平線って何処で見たのかな。去年、熱海で展望台から見た海のなだらかな曲線を思い出しました。あと断片的だけれどもTVで見た夕暮れも思い出しました。でも、私はこの曲を聴いてもあまり地平線を思い出しはしません。今のはタイトルから連想してみただけです。スティーヴ・ハケットのホライズンズはバッハの無伴奏チェロの冒頭に似たメロディからはじまります。途中もバロックっぽい展開が数多く、短く美しくまとまった曲です。Genesisジェネシスの三枚目のアルバムFoxtro(フォックストロット)に収録されていて、次の曲であるサパーズ・レディの始まる前のクラシカルな小品です。

 Steve Hackettは、ジェネシスというイギリスのプログレバンドのギタリストだった人です。上の動画はソロキャリアをはじめてから結構たってからですね。今だ現役です。最近のアルバムもいい作品が多いのでそのうち取り上げたいな。
 
 この曲、昔から好きです。。聴いてみてください。

↓スタジオ版収録





テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

  1. 2009/02/03(火) 21:11:13|
  2. .▼プログレッシブロック Steve Hackett
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シンプル・ミュージック、微弱パルス。 SND

 
SNDは、マット・スティールとマーク・フェルの2人によるユニット。イギリスのシェフィールドが拠点だそうです。

■SND - Don´t Touch My Shed


 何処にいるのか実感のわかないデジタル世界。そんな世界の骨組みを形作るのが、クリック・カッツ系の音たちかも知れない。一歩間違えば(既に間違っているのかもしれないが)スカスカすぎる音。きれいに言えばシンプルこの上ないストラクチャー。そんな透き通った視覚世界で何を感じられるのだろうか?感情の抑制?いや、反対に知覚の過敏化により感情が高まるかもしれない。SNDの音構造は非常に安定している、それは一曲のうちでは、一定のビートを常にキープしていて一貫性を失わないからだ。その土台の上に振動する粒子のような、微細な音が被さる。

こんな微弱で静的なパルスの繰り返しに自分の身体を委ねてみると不思議な感じになる。ふっとこれが、新しい音楽の鼓動なのかなと思った。どこかでクリック・カッツ系はもう飽和状態にある(有象無象のミュージシャンが溢れている)と書いてあった。確かに手法さえわかれば、誰にでも出来るとは言わないまでもある程度の知識と技術のある人たちならやってのけられるだろうなとは思う。とはいえ、この音楽=音から得たフィーリングとでも表現すればいいのだろうか。それはとても小さい音ながら、思考を働かせる余裕のようなものを与えてくれているように受け取れる。もしかしたら、ブライアン・イーノが提唱した人の行動を邪魔せず、傾聴しても無視してもかまわない音楽(環境音楽)というコンセプトに近いのかもしれない。これはシンプルな理性の働きを阻害しない音楽といえるのではないだろうか。


意外と音に厚みがあって激しいLive版→ SND-live at Algorithm Lovebytes 2008


追記 変名プロジェクトのBlirのアルバムがRaster-Noton(レーベル)からリリースしたようです。で、Raster-Notonのページで試聴できます。
         
         http://www.raster-noton.net/
   




テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

  1. 2009/02/02(月) 03:15:05|
  2. .▼クリックス&カッツ SND
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。