現在の閲覧者数: FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログへ アフィリエイト・SEO対策 カウンター

ポストロック・デイズ/post rock days

一般的にポストロックと呼ばれている音楽を中心に 音響・テクノイズ・エレクトロニカ・アンビエント・ミニマル・フリーフォーク・アシッドフォーク・サイケ・アヴァンギャルド・民族音楽などを紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

DVD/Burn To Shine 02: Chicago

 Burn To Shineシリーズは都市ごとに関わりのあるアーティストの演奏を収録したDVDです。シリーズ第二弾シカゴ編では以前取り上げたTortoisの演奏が収録されていたので紹介します。壊れかけた廃屋で演奏するというのがこのDVDのテーマで、普段のライブなどとはちょっと違った雰囲気が味わえて面白いです。廃屋の退廃的で妖しげな空気とのミスマッチ感が良い具合に格好良いです。カメラもだいぶ近距離からの撮影で(部屋いっぱいに機材が溢れているので)なかなかみることの出来ない発見がありました。指使いや手元が。シカゴ編収録のアーティストはこちら

THE LONESOME ORGANIST/CATCHING FLIES WITH TEETH
PIT ER PAT/THE BOG MAN
SHELLAC/STEADY AS SHE GOES
THE PONYS/SHADOW BOX
WILCO/MUZZLE OF BEES
TIGHT PHANTOMZ/NINJA TALK
FREAKWATER/JEWEL
RED EYED LEGENDS/JE M'APPELLE MACHO
TORTOISE/SALT THE SKIES





動画はTortoisのものです。なんだかプログレっぽい。こうみるとみんな若くないということを実感しました。タトゥーも入ってるし、ちょっと怖いですね。それにしてもマッケンタイアは凄いです。テクニックもさることながら表情が素敵でした。




スポンサーサイト

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

  1. 2009/04/30(木) 01:28:01|
  2. .▼DVD Burn To Shine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

John Greaves/Chansons

john_greaves.jpg


John Greaves(ジョン・グリーヴスba,vo,pia)は、ヘンリーカウへの参加によってそのキャリアをスタートしたベーシスト、シンガー、ピアニスト、コンポーザー。先鋭的な音が交差しあうシーンの中で、ポップな歌を基軸において活動を続けてきた人です。ピアノやギターという身近な楽器と歌をメインに、複雑で変化に富んだ、ポップでちょっと奇妙な楽曲を長年にわたって続けています。

 このアルバムで、彼自身はベースとピアノの演奏と作曲に始終し、歌はElise Caron(エリーズ・キャロン)というフランスの歌手がとります。非常に歌のうまいというか、安定した聞きやすい声に感じます。競演したミュージシャンがクラシックやジャズ畑の人が多いせいなのか、歌だけでなく演奏技術もかなりのもので安心して聞けます。

 歌と、グリーヴスのピアノとDavid Venitucci(デヴィッド・ヴェニトゥッチ)なる人のアコーディオンの演奏が全編に渡り繰り広げられています。それに加えて、Robert Wyatt(ロバート・ワイアット)のパーカッション、Vincent Courtois(ヴィンセント・クルトワ)のチェロ、Louis Sclavis(ルイス・クラヴィス)のクラリネット&サキソフォンがところどころ加えられています。アンニュイなフランスの憂鬱のイメージで捉えられるような世界が展開しているように感じました。タイトルがCHANSONS…だけれども、音楽は今までのグリーヴスの音楽が展開、発展したものです。なのでその意味は、単にこのデカダンな雰囲気のことをCHANSONと命名したから……なのかもしれません。フランス語では歌の事をシャンソンというそうですから、グリーヴスの名アルバム『Songs』(1995)を仏語にした続編という位置づけなのでしょうか。

 アコーディオンが場の空気を吸う音、弦がフレットにぶつかる音、人の息遣い、そうした小さなノイズに心を奪われそうになります。誰かがテーブルにグラスを倒す音や、男女が出逢いに捧げるワイングラスのぶつかりあう音が聞こえてきそうです。目を閉じれば、歌のテクストを幾度となく反芻するような官能を帯びた熱帯夜の季節。微熱に支配されるがまま踊り続ける。…そんなデカダンなイメージかな。とっても良質なポップアルバムです。

試聴 →  http://www.hmv.co.jp/product/detail/1796661




テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

  1. 2009/04/02(木) 12:45:24|
  2. .▼プログレッシブロック John Greaves(ジョン・グリーヴス)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。