現在の閲覧者数: FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログへ アフィリエイト・SEO対策 カウンター

ポストロック・デイズ/post rock days

一般的にポストロックと呼ばれている音楽を中心に 音響・テクノイズ・エレクトロニカ・アンビエント・ミニマル・フリーフォーク・アシッドフォーク・サイケ・アヴァンギャルド・民族音楽などを紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Haruka Nakamura

●Haruka Nakamura - Arne


 Haruka Nakamuraを聴くたびに東京という都市を漠然と思い出してしまう。といっても、東京の全体像なんて、東京出身の私にも上手く想像することは出来ない。なので東京というよりも、都市自体の姿なのかもしれない。あくまで、それは作曲家から見た視点もしくは私がこの曲から感じた思いに過ぎないのだが、この漠然としたものは、何なのだろうか。
 フィールド・レコーディング手法を用いて現実の生活の音を録音したものをコラージュしている。そのひとつの場面が私にとっては公園の砂場で遊ぶ子供たちに聴こえた。そこから、団地の水道や密集したイメージ、そしてそこに暮らす人たちが浮かんでくる。それは、遅いテンポの曲が多いのと同じように、ゆったりとした大半が曖昧な記憶として脳裏に浮かぶ。テンポが遅いと感じたのは何故だろう。日頃は社会の速度に合わせているから、その慣れがそう感じさせたのかもしれない。表現されているのは都市の休日という事になるのだろうか。

 ある記憶というものは思い出す事をするだけで、非常にノスタルジックな感情を伴う。この曲を聴く最中に思い出す出来事は、非常に美しかったことや良かったことの断片なのだろう。例えば、木漏れ日から射してきた光、木々や葉っぱ、暖かい空気と広い公園…。日々の休息や生活の中での気になった美しさや楽しさ、そんな断片を写真に残すように、その一枚一枚を再び組み上げることによって、私たちの前に再び現れる。都市にいる一人一人の奏でた音というスナップ・ショット。そんな空想からこんな様な音が聞こえてきたらとても素敵だと思う。

My Space→ http://www.myspace.com/harukanakamura





スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2009/02/09(月) 02:48:03|
  2. .▼エレクトロニカ Haruka Nakamura
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Animal Collective - My Girls | ホーム | Liquid Tension Experimentリキッド・テンション・エクスペリメント>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://postrockdays.blog105.fc2.com/tb.php/101-2ec89b1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。