現在の閲覧者数: FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログへ アフィリエイト・SEO対策 カウンター

ポストロック・デイズ/post rock days

一般的にポストロックと呼ばれている音楽を中心に 音響・テクノイズ・エレクトロニカ・アンビエント・ミニマル・フリーフォーク・アシッドフォーク・サイケ・アヴァンギャルド・民族音楽などを紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

陰鬱と苦悩の空間 Kammerflimmer Kollektief(カマーフリマー・コレクティーフ)-jinx(ジンクス)(2007)

 最近、取り上げているアーティストがカオスを引き起こしていたのでw原点に戻って(?)ポスト・ロックっぽいバンドをレヴューしてみます





Kammerflimmer Kollektief(カマーフリマー・コレクティーフ)-jinx(ジンクス)(2007)

1. Palimpsest
2. Jinx
3. Live at the Cactus Tree Motel
4. Gammler, Zen & Hohe Berge
5. Both Eyes Tight Shut
6. Jinx [Version]
7. Nest
8. Subnarkotisch

 ひたすら憂鬱で、重苦しい雰囲気が支配する中。その恐怖感は、そっと襖を開けるように忍び寄ってくる。そんな一曲目から一転して、二曲目は少し明るくなる。チェロによるグリッサントが印象的ですね。

 Kammerflimmer Kollektief(カーマフリマー・コレクティーフ)は、ドイツの音響ジャスと呼ばれるバンド。ドイツの南西部、カールスルーエを拠点としています。CDの帯によると、トータスやHIMと並んで称賛されているようです。ドイツのポストロックバンドであるTied & Tickled TrioのThomas Weberがソロ・プロジェクトとして始めました。1999年には6人編成でしたが、今回のアルバムでは3人に減っています。しかし、ゲストとして以前のメンバーも参加しています。


私にとってこのアルバムは所謂するめアルバムってやつでした。最初はピンとこなかったものの、なぜかCDトレイに乗せてみようと思う回数が多く、今も聴きながらこんな文章を書いているわけです。スロー・コア、ポスト・ロック、音響ジャズ…などが、ごちゃ混ぜになっているから、聞き飽きないのかもしれません。


 塞ぎこんでる様な、重ーい空気感に惹き込まれます。アートワークもなんだか不気味だけど不思議と落ち着きます。それは全体にわたって音響ドローンが支配しているからでもあるようですね。そんな、鬱蒼と茂る森という、ドイツ的なイメージを思い起こさせます。キリキリと音を軋ませるウッドベースの音、憂鬱のピアノ、不安定な弦楽器、ドローン。精神分裂病をテーマにサウンドを構築しているのだそうです。
 Track4や5では、どこかの秘教のような呪術的な女性の歌声が聴けます。唸り声のようです。加えて鈴を振るような音が入ってくるのですが、それこそ本当に何かの儀式のようです。重く暗い、スピリチュアル・ワールドですね。


Thomas Weber (Guitar & electronics)
Johannes Frisch (double bass)
Heike Aumueller (harmonium)



 公式 → http://www.kammerflimmer.com/

Myspace → http://www.myspace.com/kammerflimmerkollektief

Live → http://www.youtube.com/watch?v=Sb-7s1ZXMmw



スポンサーサイト

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

  1. 2009/05/25(月) 02:53:19|
  2. .▼ポストロック Kammerflimmer Kollektief
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<mudy on the 昨晩 | ホーム | MiChi(ミチ)/ KiSS KiSS xxx>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://postrockdays.blog105.fc2.com/tb.php/123-743ca107
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。