現在の閲覧者数: FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログへ アフィリエイト・SEO対策 カウンター

ポストロック・デイズ/post rock days

一般的にポストロックと呼ばれている音楽を中心に 音響・テクノイズ・エレクトロニカ・アンビエント・ミニマル・フリーフォーク・アシッドフォーク・サイケ・アヴァンギャルド・民族音楽などを紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Deus ex machina/Imparis(Live)

 Deus Ex Machina - Rhinoceros (live)
Deus ex machina/Imparis(Live)
 Deus Ex Machina - Rhinoceros (live)

↑はじめは静かだけれども、だんだん上がっていく感じがイイです。中盤のリズムとキーボードソロがジャズロック!って感じで良いです。

イタリアのジャズロックバンドDeus ex machina(デウス・エクス・マキナ)が通算八枚目の新しいアルバムを出しました。2008年に出したのだけれどもう去年なんだね~。でも、プログレの長いスパンから見れば最近って感じですね。

 Deus ex machina(デウス・エクス・マキナ)ってのは日本語に訳すと「機械仕掛けの神」となります。演劇の手法で、突然強大な力を持った何者かが、ストーリーの流れをぶち壊して急展開させることをいうらしいです。この名前を使ったミュージシャンとかゲームとか結構あります。ちょっと、中学生っぽい視点で見て、機械仕掛けの神ってなんかカッコイイなって感じたのかな~。ダサともいえる名詞だなぁっていったら失礼か。Deus ex machinaでgoogle検索したら、なぞのブログやら外人のヴィジュアル系wっぽいバンドとか出てきてなかなかこのバンドのページが出てきません。そういえば、昔、アトラスの「魔剣X」ってゲームの剣の名前もDeus ex machinaでした。ってまぁ、イタリアのジャズロック(プログレッシヴ)のDeus ex machinaで調べればこの人たちのことはわかるはずです。たぶん

 今回のアルバムはStudioライブ形式のCDと、その模様を録画したものと過去のライブ映像を追加したDVDの二枚組みです。過去のライブ映像は見るのが始めてです。ちょっと撮影が遠巻きで素人っぽい揺れがありますが貴重な映像なのでしょうがないかな~と。今回のパリでの録画はちゃんと撮れています。かなりカメラが近くて、ああ、こうやって演奏しているんだなってのがわかります。

 Deus ex machinaって基本的に密度が濃いバンドです。不思議で特徴のあるメロディを主軸にどんどんツギハギで建て増しされていく建築物のように猥雑で妙にテクニカル、フレーズは短いのに構成は複雑。リズムも妙だけれども、ハードロック的なノリがあって前へ前へいく感じがあります。2002年のCinqueからは、もっとハードックというかレッド・ツェッペリン的な静と動、つまりノリノリでなく歌い上げたりするパートがまぶされました。その感じを今回のライブでも引き継いでいました。

 DVDに収録されているインタビューで、85年に結成した当初から「ファットな音楽」を目指していたと言っていました。そういえば80年代といえば大半がデジタルビート化されていて非人間的でクールな音がもてはやされていたニュー・ウェーブ時代でしたね。そんな時代に熱のあるファットな、野太く骨太なロックを志向したからこそ、ハードロックやプログレのような音楽に接近したのでしょうか。40前後のアツいオヤジたちのロック…って書くとなんかイメージ違いますが、意外と映像でみると、そんな純なロックに見えました。今だにジャンルではプログレに括られているのかな。でもまぁそうかもね。私も始めて聴いたとき「なんか変だな」って感じました。でも慣れるとこの変わった感じが好きになりました。イタリアというお国柄が出ているのでしょうか。ファットなハードロックを志向してもこういった形で表現されるんですね。そんな血の濃さってちょっとカッコイイかもね

 公式→ http://www.derepublica.com/
ここで数曲だけ丸ごと一曲聴けます。

↓Youtubにあった他の曲。
●Deus Ex Machina - Cosmopolitismo Centimetropolitano (live)




スポンサーサイト

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

  1. 2009/01/26(月) 00:32:18|
  2. .▼イタリアンプログレ Deus ex machina
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Art Blakey & the Jazz Messengers/A Night in Tunisia | ホーム | Mouse On Mars/Niun Niggung>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://postrockdays.blog105.fc2.com/tb.php/94-edac2223
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。